日语培训机构 日语培训机构 在日本江户时代的日语

在日本江户时代的日语

文章目录 一、在日本江户时代的日语最佳答案 二、在日本江户时代的日语相关答案 三、在日本江户时代的日语类似问题…


关于在日本江户时代的日语最佳答案


在日本江户时代的日语


1.戦国时代(せんごくじだい、1493年(1467年)顷-1573年顷)は、1493年の明応の政変顷あるいは1467年の応仁の乱顷をその始期とし、1573年に15代室町将军足利义昭が织田信长によって追放されて室町幕府が事実上消灭するまでの时代を指す日本の歴史の时代区分の一つ。室町时代の一部、あるいは信长上洛以后を织豊时代(安土桃山时代)と区分する事もある。幕府権力は著しく低下し、全国各地に戦国大名と呼ばれる势力が出现し、ほぼ恒常的に相互间の戦闘を缲り返すとともに、领国内の土地や人を一円支配(一元的な支配)する倾向を强めていった。こうした戦国大名による强固な领国支配体制を大名领国制という。 応仁の乱以降の乱れた世相を、当时の公家が古代中国の「春秋戦国时代」の乱世になぞらえ「戦国の世」と表现したのが语源。 一条兼良の『樵谈治要』の「诸国の守护たる人廉直をさきとすべき事」の条に「诸国の国司は一任四ケ年に过ぎず、当时の守护职は昔の国司に同じといへども、子々孙々につたへて知行をいたす事は、春秋の时の十二诸侯、戦国の世の七雄にことならず」とある。また近卫尚通の日记『后法成寺尚通公记』の永正五年(1508)四月十六日の条に「戦国の世の时の如し」とある。「…にことならず」「…の时の如し」という直喩表现からも明らかなとおり、当时の公家が使った「戦国の世」という语は、直接的には古代中国の戦国时代を指していた。 武田信玄の「甲州法度次第」の第20条に「天下戦国の上は、诸事をなげうち武具の用意肝要たるべし」とあり、当时の武家も自分たちが生きている时代は「戦国」である、という自覚をもっていた。 江户时代にベストセラーとなった『日本外史』でも、巻十一に「降りて戦国に至り、この兵各々群雄の分ち领する所となり(中略)之に教へて后戦う者は、武田?上杉より过ぐるはなし。故に我が邦の兵の精はこの时に极る」とある(原汉文)。ただし、汉文で书かれた『日本外史』でさえ「戦国」という语の出现频度は意外に少ない。庶民が惯れ亲しんだ讲谈や落语などでは「元亀天正の顷」といった表现のほうが一般的であった。日本史の时代区分としての「戦国时代」という术语が一般でも広く使われるようになるのは、明治以降である。 戦国时代の始期には复数说がある。以前は1467年に始まった応仁の乱を戦国时代の始期とする见解が有力とされていたが、その后も幕府は中央政権として机能していた。中央政権としての幕府権力を支えていた幕府-守护体制に大きな动揺が见られ始めたのは1490年前后であり、明応の政変により中央政権としての幕府体制が瓦解した。このため、今日では政変の発生した1493年を戦国时代の始期とする说が有力となっている。 その终期にも复数の见解が并立している。织田信长が将军足利义昭を追放した1573年が通说であるが、正确にはこれは室町时代の终焉、安土桃山时代の始まりである(さらに正确には、安土桃山时代の始期も复数の说が并立している)。上记の通り戦国时代は室町时代?安土桃山时代と重なる年代区分であり、信长が安土へ进出して「天下人」へと飞跃した1576年、豊臣秀吉が后北条氏を降伏させ全国统一の军事活动が终了した1590年を戦国时代の终期とする考えもある。 慢性的な纷争状态が続いた时代だが、必ずしも毎日が戦争状态にあったわけではない。室町幕府によって保证されていた古い権威が否定され始め、新兴の実力者が新しい権力阶级にのし上がり领国を统治していくこととなった。これを下克上という。様々な経歴の戦国大名が登场する。 それぞれの実力者同士の利害冲突に端を発する冲突が広く日本各地で行われた。そのような永続的な冲突を可能にしたほど経済が急速に质量ともに発达していき、それまでの无名の庶民が様々な形で成功を収めることができる経済成长期であったことが时代を支えていた。社会构造が急速かつ大幅に変质していき、従前の社会体制の荘园公领制を支えていた职の体系が崩壊し、それに伴って荘园公领制もこの时期にほぼ形骸化した。経済の急成长に伴い大量に発生した新兴地主や新兴商人が纷争の绝えない时代に开垦や内外の通商を通じて発展し、自らの実力に相応しい発言力を社会に対して要求した时代でもあった。(豊臣秀吉は「针売り」が出世の始めという伝说がある。) 応仁の乱から明応の政変まで 「万人恐怖」と言われた政治を行った足利义教が嘉吉の乱で死没すると、室町幕府の力は急速に衰えることとなった。例えば、関东では镰仓公方が古河御所に逃れて古河公方と名乗って関东管领上杉氏との全面戦争(享徳の乱)を引き起こし、将军が后任の镰仓公方として派遣した足利政知も镰仓にさえ入ることができなかった(堀越公方)。加贺でも大和でも豪族同士の争乱が起こり、将军お膝元の京都でも徳政一揆が频発する有様であった。 この最中に将军の迹継ぎ争いが勃発し、これに山名氏?细


关于在日本江户时代的日语相关答案



了解更多在日本江户时代的日语类似问题


江户日语全套视频
重庆江户日语和四川外国语大学
日语江户川区么读
我叫江户川柯南,是个侦探用日语怎么说
江户叶子老师五十音图
江户时代日语短文
日语江户时代国语
大坪江户日语
江户川名言日语

本文来自网络,不代表广州日语培训机构立场,转载请注明出处。https://www.riyuhai.com/jigou/9987.html
上一篇
下一篇
返回顶部